夜の歌

時々このまま消えてしまいたいって思うのは僕らは何故だか儚いものに憧れるから

2018-03-17から1日間の記事一覧

鹿児島県枕崎市

その町は、いつも鰹の匂いがした。 鰹節工場が至る所にあり、港は冷凍の鰹がたくさん水揚げされていた。(たまに道に冷凍鰹が落ちている時もあった。)夜は遠くのビニールハウスから電照菊の灯りが煌々としているのをただ眺めるのも好きだった。台風は毎年通過…